フィルタ
アクティブフィルター

カテゴリー

フレーム数

エクストラ

フィルタ

S.T. Dupont

S.T. Dupont

シガーライターとアクセサリーの世界で、S.T. Dupontほどラグジュアリーの代名詞といえる会社はありません。デュポン社は葉巻愛好家に、形、機能、洗練を完璧に融合させた贅沢で高品質なライターを提供しています。S.T.デュポンのライターは、象徴的なクラシックから最先端のモダンな作品まで、目の肥えた葉巻愛好家のための簡単な選択です。


S.T.デュポンの誕生

シモン・ティソ・デュポンは、ナポレオン3世の宮廷カメラマン時代に築いたコネクションを生かし、パリのエリート層向けに馬車を専門とする会社を設立した。1872年、馬車は火災で焼失したが、デュポンはその跡を継いで、高級皮革製品事業に力を注いだ。


デュポンの作品は、ブリーフケースやラゲージ、財布などの革製品に至るまで、フランスの上流階級の人々に愛用されるようになった。1919年、デュポンの遺志を継いだシモン・デュポンは家業から手を引き、息子のアンドレとルシアンにデュポンの遺志を継がせ、新たな時代を築き上げたのである。

息子たちは、デュポンの工場をパリから、ジュネーブ湖の南、アヌシー湖畔のアルプス地方ファヴェルジュに移転させた。都会の喧騒から離れたこの地は、デュポン社の黄金時代を築き上げる製品開発には絶好の環境であった。

1929年には、フランスを代表する高級時計店カルティエと提携。この提携により、デュポンの製品は北米でも販売されるようになり、国際的な名声をさらに高めていった。しかし、1929年の株価の大暴落により、デュポンの勢いは弱まる一方だった。しかし、半世紀前に馬車事業を焼失したシモン・デュポンと同じように、息子たちは悲劇をチャンスに変えた。

S.T.デュポンライターの誕生

1929年の株式市場の大暴落は、デュポン兄弟にとって希望の光となり、暴落にもめげず、社会の最高レベルへ軸足を移すきっかけとなった。1930年代、世界恐慌による経済的混乱にもかかわらず、デュポン家のビジネスは成功し続けた。そして、1941年、S.T.デュポンが歴史に名を残すことになる特別注文を受けることになるのである。

インド・パンジャーブ地方の侯国パティアラのマハラジャから、S.T. デュポンのイブニングバッグを100個、それぞれ特別なラッカー仕上げでデザインしてほしいという依頼がありました。そして、そのバッグとお揃いの金無垢のライターが欲しいというのである。デュポン社はライターの製造は行っていなかったが、この注文を逃すわけにはいかなかった。しかし、この注文を逃すわけにはいかない。デュポン社では、この注文に真摯に取り組み、超高級ガソリンライターを完成させた。

これが、S.T.デュポン初の正規生産ライター、デュポン リーニュ1(ライン1)ガソリンライターの誕生につながったのです。このラインのエレガントな製品は、時代を超えたクラシックなものであり、その後の高級ライターのスタンダードとなった。第二次世界大戦後、デュポンは衰退していく皮革製品事業から撤退し、ライターやその他のアクセサリーの製造に力を入れるようになる。

1951年に登場したLigne 1ガスライターは、デュポンの常識を覆す出来事となりました。その後、1970年代のリーニュ2、1980年代のリーニュD、そして現在の最新鋭のジェットライターと、時代ごとに伝説的なライターのデザインを発表し、デュポンの遺産に華を添えてきた。


S.T.デュポンライターの選び方

S.T. デュポンライターは、デュポンの伝説的なワークショップで精巧にデザインされており、ライターの洗練された機能性の最高峰を提供します。デュポンライターは、市場に出ているライターの中で最もリーズナブルなものではありませんが、それぞれのライターは、世界のどこにもない独特の個性とスタイルに織り込まれた価値を提供しています。

Ligne 2

伝説的なLigne 1シリーズは2013年に引退し、次世代のデュポンを代表するライターとしてLigne 2にバトンタッチしました。1977年に発表されたLigne 2ライターは、前作よりも背が高く、かつスリムなプロファイルと、蓋を開けたときに一目でわかるピンを特徴としています。様々な仕上げがあるリーニュ2ライターは、S.T. デュポン リーニュ2ヒュミドールとの相性も抜群です。

ル・グラン

Ligne 2のデザインをベースに、このライターはシガー愛好家のために特別に作られました。このライターは、お気に入りの葉巻に点火する際に理想的な幅の広いデュアルソフトフレームを提供するだけでなく、より集中的に葉巻に点火するためのトーチフレームを備えています。

アトリエ

このライターは、デュポンのアトリエの比類ない芸術性を、貴重な素材とラッカーで表現しています。リーニュ2ライターは、美しいテクスチャーのカラーをまとい、喫煙体験に独自のエレガンスをもたらしています。

Défi XXtrême(デフィ・ゼクトレーム)

ベストセラーのデフィ・ゼクトレーム(訳すと、究極の挑戦)は、21世紀の冒険家たちのために作られました。このライターのシリーズには、デュアルトーチタイプのDéfi XXtrême(デフィ・ゼクトレーム)もあります。

マキシジェット

デュポンは2000年にエクステンドトーチシリーズを発売し、シガースモーカーの間で瞬く間にヒット作となりました。マキシジェットラインは、オリジナルのエクステンドライターをアップデートし、強力な耐風性トーチ炎を備えたモダン人間工学的に設計されたライターを提供し、アウトドアを楽しみながら葉巻に火をつけるのに理想的なものです。

メガジェット

メガジェットは、オリジナルマキシジェットのユニークなバリエーションで、シガー愛好家に、より良いグリップと、シガーの表面積をより広くカバーするフラットなトーチフレームを提供するために考案されました。この人気のオプションは、ジェットフレームテクノロジーを採用したシガーライターの新しいスタンダードを確立しました。

ミニジェット

MiniJetは、人気のMaxiJetとMegaJet耐風トーチライターの小型版で、短く、*薄くなっており、より現代的な色とデザインとなっています。外出の多いシガー愛好家に理想的なこのライターは、機能性を最大限に高めながら、スペースを最小限に抑えることができます。

これらは、S.T. Dupontの数あるラインアップのほんの一部に過ぎません。どのような炎で、どのようなスタイルで、どのような高級感を演出するのか、あなたのニーズに合わせてお選びください。どのデュポンライターを選んでも、他にはない洗練された高品質なガジェットを手に入れることができます。


S.T. Dupontライターのメンテナンスとお手入れについて

大切な投資と同様に、S.T. デュポン ライターにも最大限のケアをお願いします。ライターが最適な状態で機能するよう、デュポンライターのメンテナンスにはデュポン社推奨の製品のみを使用してください。


デュポンは、便利な色分けシステムにより、正しい燃料を簡単に選択することができます。各ライターの燃料バルブカバーのネジの裏側には、デュポンの燃料補給に対応する特定の色が記載されています。例えば、デュポンのリーニュ2ライターの色は黄色なので、デュポンの「黄色」ガスリフィルを使用することになります。フリントの交換も簡単で、特定のフリント着火式ライターに合うようにカラーコーティングされたフリントを使用します。


S.T.デュポンのライフスタイルを体験しよう


S.T.デュポンは、英国王室から世界的に有名なアーティスト、俳優、様々な国際的セレブリティまで幅広い顧客を持ち、現在世界で最も高名な企業の1つであり続けています。S.T.デュポンは、単なる体験ではなく、ライフスタイルを表現しています。S.T.デュポンのライターで、あなたのライフスタイルをワンランク上のものにしませんか。

¥230から送料無料。注文合計価格が¥230を下回る場合、送料が追加されます。ストライキアウト価格は、希望小売価格を意味します。