Cohiba

Cohiba

コイーバ(Cohiba)は、文句なく世界で最も権威のある葉巻ブランドです。もともとフィデル·カストロが個人的に楽しむために作られ、名声やステータスシンボルを示すものとして政府要人や関係者への贈答品として用いられていました。 1967年には、ハバナの別荘地区"ミラマー"の中心地の近代的かつ美しい工場"エル・ラギート'に生産拠点を移しました。1982年になると、コイーバは一般市場でも販売されるようになりました。当初は中強度のリニア・クラシカに限られていましたが、中強度のリニア1492などが導入されラインアップが徐々に広がってきました。2007年には、素晴らしいアロマを持つ中強度のリニア・マドゥロ5が登場。このラインの煙草は全て5年以上発酵してあるので、強く濃い色をしています。2010年、標準タイプを補完するためにスーパープレミアムラインであるベイケ(リニア・ベイーケ)が登場。コイーバBHKには、メディオ・ティエンポと呼ばれる4枚目の葉が含まれています。(他のキューバ製葉巻には3枚以上の葉をもつものはありません) そのため、強い味わいをもっているので、経験豊富なハバナスモーカー向けの葉巻といえ、初心者の方には向いていません。
コイーバ葉巻のすべてのタバコは3回の発酵を行います(通常は2回)。この特別なタバコ、他の種類の複数回の3倍を、発酵させる。この特別な製造工程により、コイーバはキューバ産葉巻の女王と言われています。

36 検索結果